Never Fail

下記テーマにつき、日々の経験・学習・思索を発信。皆さんの知的刺激や上手く生きるヒントに…なるかなあ。

日常生活を効率化!「自作スマートホーム」計画【全体概要編】

f:id:beh1st:20180728184732j:plain

最近、Google Home も使って、スマートホームを自作(?)しています。これ本当に面白く、簡単で、日常生活の効率化に役立つので、皆さんにも是非チャレンジしてみてほしいです!まずは概要として取り組みの全体図を書いてみました。

 ----------------- 

 最近は仕事・プライベート共に忙しいのですが、そんな中でも最近シコシコと続けて遊んでいるのが、タイトルの 「自作スマートホーム」計画です!

 

いやー、これ本当面白いっす!!

 

元はといえば、5月の誕生日に「Google Home」をプレゼントしていただいたのがきっかけで、当初は、CMで見るような一般的な使い方、すなわち、

・検索したいワードを聞く
・行きたい場所への道順を聞く
・アラームやストップウォッチの代用をする
・Googleカレンダーと連携し予定を聞く

程度の活用イメージしかなく、

 

正直こんなん面白くないじゃないですか…

 

と、思っていたのですが!

 

諸先輩方の活用術サイトを見て世界が変わりました…!

 

 

「…これアイデア次第で何でもできるじゃん!」

 

 

ということで、それ以来、諸先輩方のアイデアや技術を参考(及び活用)させていただきながら、スマートホームの自作計画を進めてまいりました。

※自作というのは、スマートホーム対応家電を使わずに、サポート機器+ソフトウェア(プログラミング)で、スマートホーム感を出すこと。
※また、一般的なスマートホームの範囲を超えて、「日常生活の各作業の効率化」も含めて、スマートホーム化としています。

 

そこで、今回は、僕の取り組みについて中間報告をします。
以下の方の参考になれば嬉しいです!

・Google Home 買ったけど、いまいち活用しきれていない方
・Google Home や IFTTTで何ができるのさ?という方
・簡単に(本当に簡単だと思います!)日常生活の作業効率を少し高めたい方
・生活に「ハイテク感」を出していきたい方

 

それでは始めます!

 

自作スマートホーム全体構成図

いきなりですが、構成を絵に落としました。 

f:id:beh1st:20180708165014j:plain
 

左側がインプット、右側がアウトプットで、フローは左から右に流れます。また、青色が「ハードウェア」、黄色が「ソフトウェア or アプリ or プログラム等」です。

 

各部品の役割は別記事にしますが、まずは、本構成でどんなメリットを実現しているか、をご紹介します。

 

我が家のスマートホームで実現できていること

厳密にはスマートホームとも限らないですが、日常生活の効率化という観点で、実現していることをまとめます。

スマホからの操作

ボタン押下系 

・画面上の特定のボタンを押すと、PCでYoutubeが立ち上がり曲をかける(3曲対応)
 ⇒ PC と大きなスピーカーが繋がっているので、音楽は PC からかけたい。その上で、PC まで遠いときに、携帯のボタン一つで音楽をかけられる、というもの(PC まで歩けよ、って感じですが…笑) 

・画面上の特定のボタンを押すと、PC上のウィンドウを閉じる
 ⇒ 上記で開いた Youtube を消すのが主な用途です。

・画面上の特定のボタンを押すと、家の照明とエアコンを全て消す

・画面上の特定のボタンを押すと、LINEでメッセージを送り、Google Home が喋る
 ⇒最寄り駅についたことを、家族LINEグループと、自宅の Google Home で通知する用途です。

位置情報系

・特定の地域に入ると、WIFI を ON にする

・特定の地域を出ると、WIFI を OFF にする
 ⇒家の近所では ON、離れたら OFF という使い方です。つけっぱなしにはしたくないですが、いちいち切り替えるの面倒じゃないですか…

Google Home からの操作


・「電気」で、照明が付く。「電気消して」で、照明が消える

・「エアコン」で、エアコンが付く。「エアコン消して」で、エアコンが消える

・「全部消して」で、照明とエアコンが消える
 ⇒ これらは、分かりやすくスマートホーム感が出ます。リモコン探す手間が省けますし、その電池切れを気にする必要もなくなります。

 ・「テレビ」で、テレビが ON/OFF する
 ⇒ うちのテレビのリモコンって ON/OFF が同じボタンで交互に発動する仕組みなので、意図的に付けたり消したりはできないんですよね…。 

・「ライン 〇〇」で、家族のグループラインに「〇〇」を投稿する
 ⇒料理や育児などで手が離せない、でも、家族に何か伝えたい、そんなときに使えます。「ライン 牛乳買ってきて!」みたいに。 

・「銀行」で、PCにて、メインバンクのオンラインバンキングに自動ログインする

・「決算」で、PCにて、家計簿、各種オンラインバンキング、証券口座、財形口座、その他、家計管理の締めに必要なサイトを全て立ち上げログインし、必要な情報がすぐ見られるようにする
 ⇒ この辺めちゃめちゃ便利。 VBS を起動しているだけですが、ID/パスワードを覚えたり、探したりする必要はもちろんなく、画面クリックすらも不要で、発音一発です。

・「家計簿」で、PCにて、Google Driveにある「家計簿スプレッドシート」を開く 

 

どうでしょう、ちょっとわくわくしてきませんか??

これらで面白いのは「IFTTT」の偉大なパワーにより、「〇〇したら」の部分と、「〇〇をする」の部分を自由に組み合わせられることです。

IFTTTの連携アプリ・サービスはめちゃくちゃ多く(数えるのを絶望するくらいに多い!)PCに置いたプログラムの起動や、Google Drive上の GAS まで使えるので、 もう本当に何でもできるんじゃないかと思います。

 

次回は、各構成部分が、どう動いているかを簡単に解説します。

その上で、具体的な実装についても方向性をお伝え出来たらいいな、と思います。(既に素晴らしい記事がたくさんあるので、リンクを張るくらいかも。)